自走する組織 ➀今求められる理由

いつの時代においても、経営者にとって最大の関心事は、自社の業績をいかに向上させるかということがトップに位置づけられます。そして、企業業績向上のために真っ先に取組むべき経営課題は何かと問われると、「組織変革や人材育成」と答える経営者が圧倒的多数を占めます。しかし、実際に組織や人材の課題に真正面から取り組んで解決に成功している企業は少なく、むしろ問題を先送りしているケースが多いというのが実情ではないでしょうか。このようなことからも組織変革や人材育成への具体的な取組みの難しさを表していることがわかります。

近年の産業構造の変化、あるいは若年世代を中心とする人手不足の問題、働き方改革の機運、そして新型コロナ感染症対策によるリモートワークの普及など、この数年で企業内における組織や人材のマネジメントのあり方は大きな変容を遂げました。

そうした劇的な変化の中で、経営と社員の間の意識の格差やズレが拡がっており、経営サイドからは若手を中心とする一般社員の行動や姿勢に関する悩みや不満の声が日に日に高まっています。

「自発性が乏しい指示待ち社員ばかりで言われたことしかやらない」
「仕事に対して自分事としての意識が低い、興味・関心が薄い」
「嫌いな仕事は引き受けようとしない、損するのは嫌だと平気で言う」
「入社当時はやる気に満ちていたのに、いつの間にか周囲と同じ覇気を失っている」等

対する管理職の受け止めはどうかと言えば、部下に対する遠慮や甘やかし、パワハラの訴えや離職の懸念もあって、物も言えず見過ごす雰囲気が蔓延し、事なかれ主義を貫くことも珍しくありません。つまり、適切なマネジメントが実行されていないため、社員が育たず組織として未熟な状況が放置され、機能不全に陥っている企業が少なくありません。こうなるといつかは業務に支障を来たし、顧客クレームも増え、組織全体が悪循環に陥り、業績向上どころではなくなるのです。

このような状況の下では、企業は機能不全も然ることながら衰退の一途を辿ることになり、一日も早く組織マネジメントの立て直しと人材育成に取り組まなければいけません。具体的には、指示を待つことなく自ら考え、主体性や創造性と情熱を兼ね備えた「主体的に動く社員」を育て、会社の方針に沿って自ら動く「自走する組織」を構築することに他なりません。

昔のように「要求されたことを一定以上のレベルでやれば良い」という指導姿勢では、今の社員には通用しません。かつてのように業績が右肩上がりで順風満帆な時代は過ぎ去り、自分の将来設計において国も企業も当てにならなくなった現代では、若い人は働くことの意義や仕事の意味付けを真剣に考え、人間らしく生きることに強い関心を抱いています。

拠って、経営者や管理職は自分たちの若い頃を引き合いに出して、今の社員に主体性がないことを嘆くのではなく、今の時代背景と若い人たちの思いを深く理解したうえで、彼らの内面からいかに主体性を引き出すのかをリーダーたちは内省的に捉えて議論しなければ何も改善されないのです。

こういった時代背景や労働環境が「自走する組織」を必要としているのです。次回は、組織力の本質について考えてみたいと思います。

おすすめの記事