病院経営コンサルティングのご案内

新型コロナ感染症拡大の影響を受け、多くの病院で収益減少と人件費負担増が経営を圧迫しています。しかし、需要回復の見通しは未だ不透明であり、患者の受療行動の回復にも時間を要すことから、集患等の増収策は十分な改善効果が期待できません。このような状況下で取組むべき優先課題は、筋肉質経営への転換と思われます。

そこで、病院の筋肉質経営への転換においてお勧めするのが、次の3つの改善策です。
 ➀労働生産性の向上
 ➁人事制度・給与体系の刷新
 ➂組織マネジメントの強化

これらは、平時においては後回しにしがちであった、どちらかというか守りの施策ですが、コロナ情勢が落ち着きを見せてきた今こそ、強固な経営基盤を再構築するべく、上記3つの改善策に取組むことをお勧めします。

詳しくは、以下のリンクより病院経営のページをご覧ください。

おすすめの記事